トイプードル しつけ

トイプードルのしつけってどうするの?

「しつけ」と「トレーニング」違い

 

私は、「しつけ」と「トレーニング」は異なるものだと考えています。犬と快く付き合うためには、飼い主さんが自ら「しつけ」をしつかりして愛犬との関係を築くこと、その上で、愛犬にどう行動してほしいのかを「トレーニング」して教えることが大切だと思います。世間で一般的に言われている定義がどうであるかは別として、ここでは、「しつけ」と「卜レーニング」を分けて説明することにします。

 

まず「しつけ」とは、「愛犬との関係を、飼い主が自ら築き上げること」とします。「トレーニング」とは、「何をすればいいか、犬に教えること」だとご理解ください。「トレーニング」はドックトレーナーなど他人でもできますが、「しつけ」は愛犬との関係作りですから、飼い主さんご自身が行わないと意味がありません。

 

もう少し具体的に説明すると、「トレーニング」とは、「オスワリ」と指示されたら「お尻を地面につける」と教えること。「しつけ」とは、「その『オスワリ』の指示を出した人自身が、愛犬が自分に従ってくれるように自ら関係を築くこと」です。「トレーニング」をして「オスワリ」を教えたとしても、犬自身が指示を出した人に従う気がなければ、犬は座ってくれません。「オスワリ」はどうすればいいのか理解している犬に、「オスワリ」と指示して無視されるケースがそれです。ドックトレーナーの指示には従うが、飼い主には従わないという話を聞いたことがありませんか?これでは犬をコントロールできません。

 

コントロールできない犬は、トレーニングはできているのに、飼い主さんの指示には従わないから「お行儀が悪い」、「しつけができていない」と言われてしまうことになり、飼い主さんは「ダメ飼い主」ということになってしまいます。つまり飼い主さんは、「オスワリ」と言ったらお尻を地面につけることを「トレーニング」する必要があり、自分が指示を出したらちゃんと従うように「しつけ」る必要があるというわけです。

 

みなさんの愛犬は、「オスワリ」と指示したらいつ、どんなシチュエーションでも素直に座ってくれますか? たまに座ってくれる、気が向いたら座ってくれる、というのは、コントロールできていることになりません。コントロールするということは、犬がそれをしたくないのに従ってくれることを指すのです。お客さまが来て興奮しているときにこそ、「座ってじっとしなさい」という指示に従わせることができたら、誰にも迷惑をかけないで済みます。

 

犬の訓練所

 

犬の訓練所に勤務していたころ、飼い主の指示に従わなくなったという犬が「また悪い子になりました!」と、何度も復習訓練に戻ってくることがありました。飼い主さんが帰った後、訓練所で復習訓練を始めるのですが、大抵の犬は数秒のうちに何をすべきかを理解し、たちまち指示に従う犬に戻るのです。

 

数日預かった後、訓練所での優秀な姿を飼い主さんに確認してもらってから家に帰っていくのですが、数週間後にはまた戻ってくるという犬も少なくありませんでした。

 

このような犬たちは、何をすればいいのかを理解している、つまり「トレーニング」はできている犬なのです。しかし飼い主との関係作りである「しつけ」ができていないため、すぐに訓練所に戻ってきてしまうのです。

 

訓練士が犬たちに、「家に帰ったら、ちゃんと飼い主さんの指示に従うんだよ」と言って聞かせることができたらどんなにいいだろうと思うのですが、そうはいきません。

 

「愛犬の問題行動を直したい」とレッスンを希望されるお客さまのメールには、さまざまなお悩みが書かれています。なかでもいちばん深刻なのは、やはり噛みつきの問題だと思います。くわえているガムを取ろうとしたら噛まれて血だらけになったり、散歩の後に足をふこうとして噛まれたり、寝ているところを動かしたら噛みつかれて縫うほどのケガをしたり……。

 

わけもわからず、突然噛みついてきたという相談もあります。そんなお悩みが書かれているメールの最後に、「オスワリやフセはできるんです」と書いてあることもしよっちゅうです。

 

これらの犬たちは、「オスワリ」、「フセ」はできるのに、気に入らないことをされると噛みつくのです。もちろん、噛みつこうとしているときに、「オスワリ」と指示しても座ってはくれないでしょう。これらの犬たちは、「オスワリ」と言われたらどうすればいいかを知っているが、従いたくないから従わなくても大丈夫、座りたくないときには座らなくても大丈夫、気に入らないことをされたら噛みつけばやめてくれる、と学習している可能性があります。

 

飼い主との関係を作る作業である「しつけ」は、犬と暮らしている環境で、飼い主さん本人ががんばって成し遂げなければならないことです。訓練所に預けたり、一緒にしつけ教室に通って教わったりしても、家ではうまくいかないことは多々あります。

 

また、ドックトレーナーに自宅まで来てもらう出張トレーニングを受けても、アドバイスを理解し、それを飼い主さんが自ら実施してくれなければ問題は改善されません。ドックトレーナーがやって来て、魔法のように愛犬を「いい子」にしてくれるわけではないのです。

 

犬と快く付き合うために必要なこと

 

犬と快く付き合うために必要なのは、飼い主さんが自ら「しつけ」をしっかりとして愛犬との関係を築くこと、その上で愛犬にどう行動してほしいのか、しつかりと「トレーニング」して教えることです。

 

さらに犬が「喜んで指示に従いたい!」と思うような関係にまでなれれば最高です。「しつけ」と「トレーニング」にはそれぞれ担当分野があり、どちらも欠けてはならないということを覚えておいてください。

 

訓練所で私がやっていたのは、「犬をトレーニングすることI犬に何をしたらいいのかを教える仕事」でした。しかし訓練士の指示には従っても、飼い主さんの指示には従わない犬たちをたくさん見て、自分がしたいのは犬をトレーニングする仕事ではなく、飼い主さんが犬との関係を築いていくのをお手伝いすることなのだと気付きました。

 

今、私がしている仕事は、飼い主さん自らが愛犬との理想的な関係を築くことができるように「飼い主さんにアドバイスする」こと。つまり、元々は「犬のトレーナー」でしたが、今は「飼い主さんのトレーナー」だと言っていいかもしれません。

 

 

 

問題行動は問題にあらず

 

「問題行動」について考えさせられるようになったのは、秋田県のくりこま高原にある山荘に招待されたことがきっかけでした。千坪以上の敷地に、母屋と少し離れたところにゲストのための山荘がありました。敷地内には川が流れ、裏山ではシカやクマが出ることもあるそうです。

 

その山荘に、愛犬の『アクセル』(トイプードル)と泊まりました。夜、お風呂に入るためにアクセルを簡易ハウスに入れて部屋に置いていったのですが、キャンキャン鳴き出してしまいました。

 

家ではそのようなことはないのですが……なんて言うとただのいち飼い主の言い訳みたいですね(苦笑)。さすがに初めての場所で、ハウスに入れられひとりぼっちで置いていかれたのは、かなり不安だったかと思います。見かねた友人がリビングまで連れて行ってくれました。

 

「しつけ上まずかったら、ごめん。でもかわいそうで」。この場合は、友人が正しいと思います。徐々に慣らしてやるのが正解です。いきなり知らないところでひとりぼっちは、極端ずぎましたね。反省。

 

翌日、母屋に朝食に呼ばれたとき、アクセルの鳴き声に関しておわびをすると、「そんなの聞こえないよ〜。お隣さんまで歩いて20分だよ!」と笑われました。

 

そうなんです。ここでは犬が吠えるのは、問題ではないのです。

 

「吠える」のが問題になるのは、都会の環境においてであって、ここでは問題にならない。吠えることは、問題行動ではないんです。

 

犬を「受け入れて」考えてみる

 

犬を「受け入れて」考えてみると、「吠える」はもちろんのこと、「甘噛み」も犬たちが大好きな遊びで、子犬はみんなやるし、いくつになってもやる犬もいます。「飛びつき」もうれしいという表現だし、「ゴミ箱をあさる」のだって、犬たちにしてみれば狩りを楽しんでいるのかも。

 

獲物(鼻水がついたティッシュとか:)が捕れたら、またやるのが普通です。「物音がしたら吠える」のは、警戒心から番をしているのでしょうし、「家具などをかじる」のも「ソファを掘る」のも、問題行動などというものではなく、単なる暇つぶしです。

 

が、しかし、人が困る行動をされたら犬と快ぐ暮らすことはできません。ですから、その行動が出ないように導いてやる必要があるのです。

 

幸い犬は、指示によって行動を学習させることができるので、人にとって都合のいい行動を学習させればいいのです。うまく教えられたら、彼らは喜んでやってくれます。

 

問題行動と呼ばれる犬の行動の多くは、人にとっては迷惑でも、犬にとっては自然な行動です。甘噛みしたり、ソファを掘ったり、家具をかじったりする犬が悪いのではなく、それらの行動を出さないように導くことができない飼い主さんに問題があるのです。

 

罪のない愛犬を「ダメ犬」なんて呼ばせないように、「ダメ飼い主」と呼ばれないように、されては困る行動を出さないよう、出ても止められるよう、愛犬を導く必要があります。

 

ボスになること

 

飼い主さんに愛犬との関係を改善してもらうとき、「犬のボスになってください」とか「犬たちのりIダーになってください」と表現すると、「犬たちに対して威張ればいいのか」、「力で押さえつければいいのか」、はたまた「自分はできれば友達でいたい」、「ママになりたい」などと、いろいろな意見が返ってきます。

 

私は、人が犬の行動をコントロールできるようになるには、そのあいだに主従関係が必要だと思っています。「主=リードする者」、「従=フォローする者」というイメージで「主従」という言葉を使っています。「上」や「下」は使いません。飼い主さんと愛犬とのあいだに上下はない、と考えています。亭主関白でご主人が主導権を握っていても、かかあ天下で奥さんが主導権を握っていても、そこに上下はないように。

 

ただ、その「主従」という言葉の意味が、飼い主さんによって受け取り方に多少のズレがあるように思います。「ボス」とか「リーダー」という言葉を嫌う人も多いのですが、そんなときは、すてきな「ボス」や「リーダー」に出会ったことがないのかな?と思ったりします。

 

「ボス」や「リーダー」になる必要なんかない、と言う人や、そのように書いてある本もありますが、そう言っている人やそういった本の著者はみんなすてきな人で、すでに人の上に立っている場合が多く、生まれながらにそういう資質を持ち合わせているように感じます。

 

そういう人は、意識しなくても存在感がすでに「ボス」っぽいのだと思います。そんな人に何か言われたら、思わず「ハイ」と言ってしまいそうです。

 

従うことは、虐げられることとは別です。犬には、指示に従ってほめてもらうと喜ぶ習性があります。うちのトイプードルは、トレーニングをするとずっとしっぽを振っています。本当にうれしそうにやるので、とても楽しいし愛おしぐ感じます。人も「この人になら尽ぐしたい!」と思うことがありますよね? その習性を引き出すべきだし、引き出せる存在、それが「主」であると考えています。

 

犬たちとの関係を表現したもののなかで、私は、『動物感覚−アニマルーマインドを読み解く』にある「ダンスやフィギュアスケートのペアのように、リードし、リードされる関係」という表現が気に入っています。リードするほうが決まっていることで、ふたりのパフォーマンスは成り立っているのです。

 

また、歴史小説『豊臣秀吉』に書かれていた、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が馬術の稽古を始めたときに言う「馬の言葉が分かれば、馬は決して人間を落としたり、暴れたり蹴ったりはしないものだ」という言葉が気に入っています。秀吉は、馬の言葉をわかろうとした=受け入れようとし、自分を受け入れてもらおうとしているのです。暴れ馬を、猫を手なずけるように乗りこなした藤吉郎に、馬の持ち主である蜂須賀小六が尋ねます。「いったい馬に何と言って聞かせるのだ?」すると、藤吉郎はこう答えます。「俺はお前の兄弟だぞ、と言ってやったのさ。これがコツだな。人間だって、おれは貴様の大将だぞと言うよりも。兄弟だぞと言ったほうが、お互いに気持ち良く助け合える」

 

大将ではなく、友達でもなく、。兄弟・です。ポイントは、兄弟には目上、目下があるというところです。優れた者が下の者を導いたり守ったりすることは、当たり前のことなのです。小さな子犬が、初めて人の暮らしのなかに入って戸惑っていたなら、飼い主さんはやさしく導く存在であるべきです。

 

兄貴分に愛があって、強くてやさしければ、弟分は喜んで慕ってきます。私がイメージする主従関係とは、そういうものです。弟(愛犬)を守る兄貴(飼い主)の心意気が感じられる場面を書き出してみました。

 

ホーム RSS購読